このページを印刷

文字サイズ小中大

CSR(企業の社会的責任)

スバルが追求する究極の安全性

交通事故「ゼロ」の実現を目指して
全方位から安全性能を追求。

スバルは、「誰でも、いつでも、安心、快適に、運転を愉しんで欲しい」という想いから、安全性を最優先させたクルマづくりに取り組んできました。基本コンセプトは、「ALL-AROUND SAFTY」——すなわちあらゆる環境下で安全性を確保することにあります。その実現に向けて、スバルでは「0次安全」「アクティブセイフティ」「プリクラッシュセイフティ」「パッシブセイフティ」の4つの方向性から全方位の安全性を追求しています。

「0次安全」とは、クルマの形状や操作性といった初期的・基本的な設計の工夫によって、安全性を高めようという考え方です。スバルでは、良好な視界設計をはじめ、操作パネルやシートデザインなど細部にまで工夫を凝らし、ドライバーが安心・集中して運転できるクルマづくりに注力してきました。

「アクティブセイフティ」は、起こりうる事故を想定して事故発生を未然に防ごうという安全技術です。スバルは、「走りを極めると安全になる」という考えに基づき、低重心の「水平対向エンジン」や「シンメトリカルAWD」といった独自技術を駆使して、ドライバーが意図した通りに「走る・曲がる・止まる」というクルマの基本を徹底的に磨き、誰もが安心して運転できる車両性能を追求しています。

「プリクラッシュセイフティ」とは、危険を予知・察知してドライバーの運転操作をアシストすることで、衝突の被害を軽減する技術です。スバルはこの技術の可能性にいち早く着目し、開発を積み重ねてきました。その成果である「アイサイト」は、ステレオカメラから得られる情報をもとに、前方の状況を適確に判断。エンジン・トランスミッション・ブレーキと連携を図ることで、危険回避もしくは被害の軽減、ペダル踏み違いによる誤発進の抑制、長距離ドライブの疲労軽減など、さまざまなシーンでドライバーの安全運転を支援します。

「パッシブセイフティ」は、万一の衝突事故において、衝撃から人間を守る技術です。スバルは、独自の「新環状力骨構造ボディ」や乗員に衝撃を与えないためのエンジンレイアウトなど、乗員の保護はもちろん、歩行者との衝突も視野に入れた衝突安全性能を追求してきました。その安全性能は国内外の衝突安全評価において高い評価を得ています。

スバルは、今後もこれら全方位の安全性能をさらに進化させることによって、自動車メーカーにとって究極の目的である「交通事故ゼロ」の実現を目指します。

安全思想と注力4分野
  • TOP
  • トップメッセージ
  • 富士重工業グループについて
  • 特集1
  • 特集2
  • 富士重工業グループのCSR
  • お客さま・商品
  • コンプライアンス
  • コーポレート・ガバナンス
  • 環境
  • 社会貢献
  • 情報公開
  • 調達
  • 従業員
  • ISO26000対照表
  • 編集方針
  • ライブラリー
  • 工場見学
  • 企業スポーツ

富士重工業アニュアルレポート

スバルキッズ

CSRレポートライブラリー

アンケート