このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

トップメッセージ

PRESIDENT'S MESSAGE 代表取締役社長 森 郁夫

株主のみなさまにおかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。

連結の業績につきましては、売上高は過去最高となりました。利益面では、自動車事業部門における売上構成の悪化などにより、営業利益、経常利益が減益となったものの、当期純利益につきましては、前期に計上した特別損失がなかったことなどにより、増益となりました。
このような厳しい状況ではありますが、当期の期末配当につきましては、株主のみなさまに対する長期的安定配当の基本方針に基づき、1株につき4円50銭とさせていただきました。

当社は本年2月、これまで通り「存在感と魅力ある企業」を長期ヴィジョンに掲げながらも、将来の発展に向けた基盤強化に重点をおき、「すべてはお客様のために」をキーワードとして、堅実な企業価値向上を目指すべく、平成19年度から平成22年度までの4年間を対象とした新中期経営計画を策定いたしました。この新中期経営計画では、「お客様第一」を基軸におき、 1. スバルらしさの追求、 2. グローバル視点の販売、 3. 品質・コスト競争力の強化、 4. トヨタ提携効果の拡大、 5. 人材育成と組織力の強化、の5項目を重点課題といたしました。この重点課題を確実に遂行するために、私をはじめ、従業員一人ひとりが常に、真にお客様のためになるかどうかを考え、行動し、各課題に対し、積極的に取り組んでまいります。

その結果、最終年度である平成22年度に目標値として設定した、連結業績で営業利益率5%レベル、ROA 7%レベルを達成すべく、グループ一丸となって取り組んでまいります。

株主のみなさまにおかれましては、今後とも引き続きご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。


代表取締役社長
森 郁夫

バックナンバー

2016年3月期
2015年3月期
2014年3月期
2013年3月期
2012年3月期
2011年3月期
2010年3月期
2009年3月期
2008年3月期
2007年3月期

ページトップへ