このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

トップメッセージ

2010年3月期 第2四半期業績のご報告 代表取締役社長 森郁夫

株主の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

去る11月2日に、2010年3月期第2四半期決算を発表させていただきました。第2四半期(累積)業績は、売上高6,356億円、営業損失114億円、経常損失118億円、純損失217億円となりました。
第2四半期の3ヶ月間(7〜9月)では、営業利益82億円、経常利益76億円と、昨年度の第2四半期以来となる黒字転換を果たすことが出来ました。これは、期初に計画をしていたよりも、米国、カナダ、中国を中心にスバル車の販売が大きく伸長した事、従業員、関係会社等、グループが一丸となり、徹底したコスト削減に努めた事によるものです。

■ 2010年3月期 第2四半期業績(単位:億円)
  2009年3月期
上期実績
     
第1四半期実績 第2四半期実績 2010年3月期
上期実績
売上高 7,442 2,713 3,642 6,356
営業利益/損失 183 ▲197 82 ▲114
経常利益/損失 182 ▲195 76 ▲118
当期純利益/損失 44 ▲193 ▲24 ▲217
完成車販売台数 282.4千台 100.2千台 142.6千台 242.7千台
単独為替レート 105円/USドル 98円/USドル 95円/USドル 96円/USドル

米国などでの販売好調の理由は、お客様第一を機軸とした中期経営計画で掲げた、「スバルらしさの追求」や、「グローバル視点の販売」が順調に進捗し、環境、安全に配慮した商品造りが、お客様からの高い評価に繋がっているからだと考えております。
引き続き、北米、中国などでの販売好調が続いているため、この下期からは、群馬県にある矢島工場、米国生産子会社のSIAともに稼働をフルに上げて、生産に取り組んでおります。
この販売の勢いを鑑みて、通年の見通しにつきましては、売上高1兆3千600億円、営業利益10億円、経常損失50億円、当期純損失250億円と、修正をします。販売台数計画につきましても、当初の50万7千9百台から3万7千6百台の上乗せをして、54万5千5百台にいたします。これまで推進してきた、中期経営計画の「スバルらしさの追求」、「グローバル視点の販売」の方向性が間違っていないという確信のもと、これを一層加速させるとともに、更にコスト削減を徹底して参ります。

■ 2010年3月期 通期業績予想(単位:億円)
  2009年3月期
実績
2010年3月期
期初計画(1)
2010年3月期
今回計画(2)
差異
(2) – (1)
売上高 14,458 13,200 13,600 +400
営業利益/損失 ▲58 ▲350 10 +360
経常利益/損失 ▲46 ▲400 ▲50 +350
当期純利益/損失 ▲699 ▲550 ▲250 +300
完成車販売台数 555.3千台 507.9千台 545.5千台 +37.6千台
単独為替レート 102円/USドル 95円/USドル 92円/USドル ▲3円/USドル

一方で、来期以降に向けての設備投資も怠ってはいません。来年度導入予定の新型パワートレインの製造に向けて、群馬県にある大泉工場の隣接地に、新工場を建設いたします。新型パワートレインは、環境性能と動力性能を高次元でバランスさせると同時に、コスト競争力を強化する事を目指しております。また、2012年には、ハイブリッド車を市場に導入する事を目指しております。

この1年間、非常に厳しい経営環境のもと、中期経営計画の目標数字は保留とさせて頂き、昨年度下半期、今年度上半期は配当も見送らせて頂いておりますが、中期経営計画で掲げた方向性に向かって、お客様第一を徹底しつつ、“存在感と魅力ある企業”になる為に引き続き努力をして参ります。
まず、今年度の営業利益黒字化へ向けての体質の強化と、将来への投資を両立するべく、この下期は率先して拡販とコスト削減、構造改革に取り組んで参ります。ぜひ、皆様のご理解を賜りますよう、変わらぬご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

2009年11月
代表取締役社長
森 郁夫

バックナンバー

2016年3月期
2015年3月期
2014年3月期
2013年3月期
2012年3月期
2011年3月期
2010年3月期
2009年3月期
2008年3月期
2007年3月期

ページトップへ