このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

トップメッセージ

2011年3月期 第2四半期業績のご報告 代表取締役社長 森郁夫

株主の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

去る11月2日に、2011年3月期第2四半期決算を発表させていただきました。売上高8,040億円、営業利益573億円、経常利益588億円、当期純利益446億円となり、計画を大幅に上回る、過去最高の業績を達成することができました。また、1年半にわたり無配とさせていただき、株主の皆様に申し訳ございませんでしたが、この第2四半期末は1株あたり4円50銭に復配いたします。

■ 2011年3月期 第2四半期累積決算業績(単位:億円)
  2010年3月期 2011年3月期 増減
(B) – (A)
実績(A) 期初計画 1Q時計画 実績(B)
売上高 6,356 7,500 7,500 8,040 +1,684
営業利益 ▲114 250 350 573 +688
経常利益 ▲118 230 330 588 +707
当期純利益 ▲217 140 230 446 +663
完成車販売台数 242.7千台 325.0千台 325.0千台 331.2千台 +88.4千台
単独為替レート 96円/USドル 90円/USドル 90円/USドル 90円/USドル ▲7円/USドル

この第2四半期は、四半期決算がスタートして以来の過去最高益となりました。円高が進む中でも、しっかりとした販売ができた事が、好業績につながったものです。国内ではエコカー補助金による需要拡大や、レガシィへのEyeSight ver.2搭載による効果などで販売が伸長し、また、海外においても北米、中国等で販売が好調に推移しました。生産についても、ほぼフル稼働となっており、当面、この状況が続く見通しです。このような上期の好調な業績を受け、通期の見通しを上方修正致しました。年間配当も9円に戻すべく、下期も真摯に取組んでまいります。

■ 2011年3月期業績計画(単位:億円)
  2010年3月期 2011年3月期 増減
(B) – (A)
実績 (A) 前回計画 今回計画 (B)
売上高 14,287 14,700 15,900 +1,613
営業利益 274 430 700 +427
経常利益 224 380 680 +456
当期純利益 ▲165 230 500 +665
完成車販売台数 562.8千台 630.0千台 659.4千台 +96.5千台
単独為替レート 93円/USドル 89円/USドル 86円/USドル ▲6円/USドル
配当(通期)   0円 9円 9円 +9円
  上期 0円 4.5円 4.5円 +4.5円
  下期 0円 4.5円 4.5円 +4.5円

売上高・営業利益グラフ

中期経営計画、新しいブランドステートメントについて



>> トップメッセージの続きを表示する <<





バックナンバー

2016年3月期
2015年3月期
2014年3月期
2013年3月期
2012年3月期
2011年3月期
2010年3月期
2009年3月期
2008年3月期
2007年3月期

ページトップへ