このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

トップメッセージ

2012年3月期 第3四半期業績のご報告 代表取締役社長 吉永泰之

株主の皆様には、益々ご清栄のことと、お喜び申し上げます。

去る2月3日に2012年3月期第3四半期決算を発表させていただきました。
第3四半期までの累計期間では、震災影響による在庫不足で、上期に大きく販売が落ち込んだこと、さらには円高影響により、売上高1兆294億円、営業利益279億円、経常利益287億円、当期純利益368億円と大幅な減収減益となりました。しかしながら、未曾有の震災影響に加え、前年比8円の円高という大変厳しい環境の中、279億円の営業利益を確保できたことは、販売の好調さや、全社をあげた諸経費削減などの取り組みが、成果として現れているものと考えています。
年度見通しにつきましては、歴史的な円高と上期の震災影響により大きな減少を見込むものの、昨年11月1日に発表させていただきました計画値に対しては、原価低減、ならびに諸経費削減が進展することから、売上高1兆5,000億円、営業利益380億円、経常利益370億円、当期純利益410億円にそれぞれ上方修正いたしました。

■ 2012年3月期第3四半期累計業績・通期計画(単位:億円)
  2011年3月期 2012年3月期
3Q累積
実績
通期
実績
3Q累積
実績
通期計画
(今回発表)
通期計画
(2Q時発表)
売上高 11,746 15,806 10,294 15,000 14,800
営業利益 735 841 279 380 300
経常利益 748 822 287 370 290
当期純利益 584 503 368 410 360
単独為替レート 87円/USドル 86円/USドル 79円/USドル 78円/USドル 78円/USドル
連結販売台数 488.0千台 657.0千台 431.9千台 640.9千台 644.5千台

2011年暦年での小売販売は、震災影響による在庫不足により米国、中国、ロシア市場を除き、前年実績を割り込み、世界合計で61万7千台となりました。しかしながら、最重要市場である米国では在庫不足が続く中、物流改善や販売店同士の在庫融通などにより、過去最高となる26万7千台を販売し、3年連続で過去最高を更新し、4年連続で前年実績を超えた唯一の主要メーカーとなることができました。
昨年10月以降の増産体制により各市場の在庫状況は着実に回復してきており、今後は販売に結びついていくと考えております。
2012年の販売見通しにつきましては、2011年末にフルモデルチェンジを行いましたインプレッサの導入が大きなポイントになります。新型インプレッサは、国内では東京モーターショーでのお披露目後、2ヶ月間で13,532台のご注文をいただいており、月間販売計画2,200台の3倍と非常に良いスタートを切る事ができました。昨年12月から販売が始まった米国におきましても、前年比倍増という高い目標に対して、12月に前年比の2倍に迫る5,464台、1月は同じく前年比で3倍近い6,221台と好調な販売が続いています。
また、昨年のフランクフルトモーターショーで発表いたしましたXVにつきましても、インプレッサ同様にディーラーやジャーナリストからの評判が非常に高く、これから各市場で本格導入を迎えるにあたって、販売の押し上げを期待しています。
以上のことから、2012年暦年小売販売計画につきましては、新型インプレッサとXVが通年で貢献すること、そして新型車BRZの追加などの商品力強化により、過去最高となる70万台を計画しています。
市場別では、販売のモーメンタムが非常に好調な米国市場で、いよいよ30万台を突破して32万台の販売を計画しています。大変なチャレンジではありますが、昨年の実績と現地で感じた販売店の熱気を考えると、達成は十分に可能だと考えています。また、中国やカナダ、オーストラリアでも過去最高を計画し、全世界合計で70万台と前年比13%増を狙います。

さて、2月3日には決算発表とともに、新型スポーツカーBRZを発表させていただきました。この車は、当社とトヨタ自動車株式会社との共同開発となっており、当社のみでは実現し得ない、トヨタとのアライアンスがあったからこそ実現したプロジェクトです。また、BRZを生産する群馬製作所本工場は、今月末で軽自動車の生産を終了し、登録車生産工場へと生まれ変わります。「スバルらしさの追求」をすすめるための「選択と集中」を行ってきた当社にとって、新たなスタートとなるものです。BRZは東京モーターショーで最も話題になったクルマであり、販売についても大変に楽しみにしております。

今はまさに「変化の時代」であると捉えています。この「変化の時代」には待ちの姿勢では生き残れません。社内では中期経営計画Motion-Vの行動指針である“Confidence in Motion” の「in Motion」、すなわち「動き出そう」を合言葉に今年一年をスタートさせました。米国販売の取り組みのように、今年はこれまでのステージを一段上がるようなチャレンジを進めていきたいと考えております。

皆様には引き続きご支援、ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


2012年2月
代表取締役社長
吉永 泰之

バックナンバー

2016年3月期
2015年3月期
2014年3月期
2013年3月期
2012年3月期
2011年3月期
2010年3月期
2009年3月期
2008年3月期
2007年3月期

ページトップへ