このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

トップメッセージ

2016年3月期業績 上半期実績および通期見通しのご報告 代表取締役社長 吉永泰之

株主の皆様には、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

11月5日に2016年3月期第2四半期の決算を発表させていただきました。
第2四半期連結累計期間の売上高につきましては、自動車売上台数の増加や為替変動に伴う売上高の増加などにより、1兆6,015億円と前年同期比2,912億円(22.2%)の増収となりました。
利益面につきましては、売上高の増加に伴い、営業利益が2,851億円と前年同期比994億円(53.6%)の増益となり、営業利益率につきましては17.8%という高い水準を達成することが出来ました。経常利益につきましては、2,850億円と前年同期比1,091億円(62.0%)の増益となり、親会社株主に帰属する当期純利益につきましては、1,932億円と前年同期比802億円(70.9%)の増益となりました。
なお、連結販売台数につきましては第2四半期累計期間として過去最高、連結売上高、各利益につきましては全ての半期を通じて過去最高となりました。

■ 連結業績実績(単位:億円)
  2015年3月期
第2四半期累計
実績(A)
2016年3月期
第2四半期累計
実績(B)
増減
(B) – (A)
売上高 13,102 16,015 +2,912
営業利益 1,857 2,851 +994
経常利益 1,760 2,850 +1,091
親会社株主に帰属する
当期純利益
1,130 1,932 +802
連結完成車販売台数 431.6千台 472.2千台 +40.6千台
単独為替レート 102円/USドル 122円/USドル +20円/USドル

上半期の好調な業績を受けまして、通期の業績予想につきましては上方修正いたしました。
これにより、連結売上高は3兆2,100億円と前年同期比3,321億円(11.5%)の増収、営業利益は5,500億円と前年同期比1,270億円(30.0%)の増益、経常利益は5,470億円と前年同期比1,534億円(39.0%)の増益、親会社株主に帰属する当期純利益は3,720億円と前年同期比1,101億円(42.1%)の増益を計画しております。

■ 連結業績予想(単位:億円)
  2015年3月期
実績(A)
2016年3月期
通期前回計画(B)
2016年3月期
通期今回計画(C)
増減
(C) – (A)
増減
(C) – (B)
売上高 28,779 30,300 32,100 +3,321 +1,800
営業利益 4,230 5,030 5,500 +1,270 +470
経常利益 3,936 4,950 5,470 +1,534 +520
親会社株主に帰属する
当期純利益
2,619 3,370 3,720 +1,101 +350
連結完成車販売台数 910.7千台 928.3千台 953.0千台 +42.3千台 +24.7千台
単独為替レート 108円/USドル 118円/USドル 120円/USドル +12円/USドル +1円/USドル

また、特に北米市場で好調な販売が続いており、たいへん多くのお客様にお待ちいただいている状態が続いております。そのような状況を改善すべく、米国の生産拠点であるスバル オブ インディアナ オートモーティブ インク(SIA)の生産能力を当初計画から4年前倒しし、2016年末に現在の20万台から約40万台へ増強することにしておりましたが、そのうちの一部を更に前倒しし、2016年夏にアウトバックの生産能力増強を実施することといたしました。

設備投資や試験研究費につきましては、将来の成長に向けた準備を加速させるため、中期経営ビジョン「際立とう2020」の中で発表した2015年3月期から2017年3月期までの3ヶ年の計画を、以下の通り増額しています。

■ 3ヶ年連結投資修正計画(単位:億円)
  当初計画 修正計画 対当初計画比
試験研究費 2,500
(+59%)
2,800
(+78%)
+300
設備投資額 3,300
(+71%)
4,000
(+107%)
+700
減価償却費 2,000
(+22%)
2,100
(+28%)
+100

*()内は前3ヶ年(2012年3月期〜2014年3月期)対比

株主還元につきましては、2015年3月期は、第2四半期末31円、年度末37円の年間68円、配当性向は20.3%となりました。2016年3月期につきましては、これまでは未定とさせていただいておりましたが、第2四半期末72円、年度末72円の年間144円との予想を発表いたしました。

■ 配当の状況
  2015年3月期 2016年3月期予想
第2四半期末 31円 72円
期末 37円 72円(予想)
年間 68円 144円(予想)

最後に、これからも株主の皆様のご期待に応えられるよう、新たな成長に向け、全社員一同取り組んでまいります。株主の皆様におかれましては、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


2015年11月
代表取締役社長
吉永 泰之

バックナンバー

2016年3月期
2015年3月期
2014年3月期
2013年3月期
2012年3月期
2011年3月期
2010年3月期
2009年3月期
2008年3月期
2007年3月期

ページトップへ