このページを印刷

文字サイズ小中大

株主・投資家の皆様へ INVESTOR RELATIONS

中期経営計画

中期経営計画 際立とう2020

2016年5月20日

富士重工業は2014年5月に中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表し、「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」というありたい姿の実現を目指し、「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」取り組みを通して、企業価値の向上に努めてまいりました。
このようなありたい姿や取り組みに変更はありませんが、各市場での販売の進捗状況や経営環境の変化に応じて連結収益計画、連結販売台数、生産計画などの見直しや更新を行い、2016年5月12日に発表いたしましたので、以下にてご案内いたします。

新中期経営ビジョン「際立とう2020」について

好調が続く北米市場については今後も販売台数の拡大を見込みます。一方、厳しい市場環境が続いている日本、中国については現状レベルを維持し、その他市場での底上げなどを見込みます。その結果、2020年度のグローバル連結販売台数は120万台+αへと上方修正いたします。(従来は110万台+α)

連結販売台数 今回見通し2020年度

生産能力増強計画

販売見通しの上方修正にともない、生産計画も見直しを実施します。
従来計画ではグローバルでの生産能力(マレーシアCKD除く)は2020年度に105万台(標準操業)を計画していましたが、これを2018年度113.2万台(標準操業)へと引き上げます。(*残業、休出を追加したフル操業による生産能力は127.6万台)

生産能力の増強 今回計画2018年度

生産能力増強計画

収益性の高いビジネスモデルを継続し、為替前提¥100/US$においても11%レベルの業界高位の営業利益率を維持します。また、試験研究費や設備投資など持続的成長のための投資は引き続き増強いたします。

3ヵ年連結収益計画 今回3ヵ年16-18年度計画

また、「スバルブランドを磨く」活動を更に加速させる取り組みとして、以下のとおり2つのことを発表いたしました。

(1)会社名(商号)の変更

会社名を「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」(英文:SUBARU Corporation) に変更いたします。会社名とブランド名を統一し、グループ全従業員がSUBARUのもとに一丸となって企業価値の向上に努めてまいります。

(2)産業機器カンパニーを自動車事業へ統合

自動車事業の開発リソースを増強し、競争力を更に高めていくため、産業機器カンパニーを自動車事業に統合し、開発人員などの経営資源を順次自動車部門へ投入していく計画です。

この「スバルブランドを磨く」取り組みを更に加速させることで、スバルを自動車と航空宇宙の両事業における魅力あるグローバルブランドとして成長させるとともに、引き続き「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」という経営理念を堅持し、長年培ってきた「安心と愉しさ」という固有の価値をお客様に提供し続けることで、更なる持続的成長を目指してまいります。

 

過去の経営計画

2014-2020
2011-2013
2007-2010
2002-2006
関連リンク(中期経営計画の進捗状況など)

直近の業績や中期経営計画の進捗状況などをご報告しています。

決算短信やアナリスト向け決算説明会資料などの資料を掲載しています。

事業領域と地域ごとの業績を分かり易く解説しています。

ページトップへ