人とつながる。本気がぶつかる。そして日々、新しい価値が生まれる。スバル自動車部門 設計 尾畑 俊輔 電動ユニット設計部 (2013年入社)

流行りの言葉を並べないスバル。人と違うことをしたい自分と重なった。

正直、最初はどの完成車メーカーでもいいと思っていました。ところが、合同説明会でスバルのブースに行ってみて驚いた。まず、声が大きい(笑)。そして他のメーカーさんは燃費や電気自動車など流行りのワードを並べるなかで、スバルは「走行性」や「本質」といった、他社とは違う話を熱く語ってくれた。大きなメーカーじゃないけど、個性的な車づくりをしているんだ。人と違うことをやりたい性分の僕には合っているかもしれない。それが入社の動機になりました。入社後の配属は電動ユニット設計部。名前の通り、電気自動車やハイブリッド車に載せる部品を担当する部署。この部署には特有の難しさがあります。それは扱う部品が基本的にガソリン車には存在しない部品であり、スバルとしても経験豊富というわけではないので、設計する上でのノウハウが少ないということ。部品が車にきちんと適合するのか、性能達成できるのかなど、初めてのチャレンジも踏まえながら部品をつくっていかなければいけない。そうやって製品のあらゆるシーンでの使われ方を細かいところに至るまで確認し、数多くの関係者と協力しながら、最終的な車両の量産まで責任をもってプロジェクトを動かしていくのが僕の仕事です。技術的な解析や、検討などの交渉ごとも含めて、自分で行う。一見、地味で地道な仕事のように見えますが、幅広い業務の中で、様々な経験と広い視野を得られるやりがいのある仕事です。

一人ではつくれない。チームで新たな価値を生み出す。

入社1年目から、濃い仕事をたくさん経験させてもらいました。まだ右も左もわからない若手でありながらも、専門分野でキャリアのある方や、僕よりも一回り以上年上のエンジニアの方など、豊富な知識と経験を持った方と肩を並べて仕事ができる。たくさんチャレンジして、たくさん吸収するにはもってこいの環境です。たとえば、自分が担当するインバータの設計仕様を検討する場合、自分としては車両での使われ方を最大限に想定した設計をしようと挑むのですが、ベテランの方からは「まだまだ想像力が足りない」という意見をズバッといただける。さらに部品のコストや組立てやすさなど、自分にはない観点を取り入れて開発できる。様々な知識を得られると同時に、作るものがどんどん良くなっているという手応えをいつも感じています。このような経験から、一人では決して辿り着けない答えがあること、チームだからこそ生み出せる価値があることを学びました。また、部品の性能と車そのものを更にもっとよくするためにも、プロジェクトチーム内のコミュニケーションの活性化はとても重要です。自分の担当する部品を実際に車に搭載した際にどのように機能するのか、プロジェクトメンバー全員の目で確認する場を設けるなど、開発部品への意見をもらえる機会を自ら企画し、アイデアが交流する場づくりを心がけました。そうすることで様々なプロフェッショナルから、それぞれの視点からの意見が柔軟に飛び交い、品質アップのための議論を加速することができました。プロジェクトの主体者としての新たなチャレンジが実を結ぶ、確かな手応えを感じました。

想いを形にできるフィールドがある。やればやっただけ自信につながる。

うまくいくことばかりではありません。失敗も多々あります。設計、交渉、契約など、多岐に渡る業務を一人で担当するため、幅広い視野と細やかな視点が必要です。場合によっては、試験に参加したり、部品の交換の際に工具を持ってオイルまみれになったり、原価企画部・購買部とコストの調整をしたり、生産技術の方たちと組み付けについて話し合ったり。本当に様々な職種の方との連携で僕の仕事は成り立っています。だからこそ、たくさんの業務に溺れないように、自分の目標・ミッションを持っておくことが大事なことです。現在は新たな部品の開発に取り組んでいますが、まずはこの開発を成功させたい。そしてゆくゆくは今とは異なる種類の電動車を担当してみたい。またひとつの部品単位ではなく、システム全体にも関わってみたい。車好きなので、車に寄り添って、車をつくっているんだという実感を味わいながら働きたいですね。入社する前は、自分は組織の中で埋もれるんじゃないかと思っていましたが、最近そういった感覚はなくなりました。自分の意見を積極的に発信できるフィールドがある。そして言ったことが受け入れてもらえる。やればやっただけ、自分の力になる。そんな楽しみと手応えを見い出すことができたから。これからも現状に留まらず、自分の殻を破るチャレンジをしていきたいと思います。

1週間5営業日のうち、3日間は東京営業所内での業務、残り2日間は打ち合わせ等に出かけるワークスタイル。社内外の様々な関係者と、今取り組んでいる案件の進捗状況を共有することが重要。出張時は、同行する上司と一緒に夜ごはん。プライベートの話も弾みます。

PROFILE 尾畑俊輔 OBATA SHUNSUKE

スバル自動車部門 設計

2013年入社。工学部 電気電子工学科卒業。半導体の材料や、LED等の発光デバイスなどの研究を行っていたが、自分の専門性をどう活かすかという発想よりも、会社の考え方・価値観への共感を優先しスバルへ入社。現在は寮に住んでおり、休日は同じ寮に住んでいる同期と県外へ旅行に行ったり、キャンプをしたり楽しんでいる。

Close