部署を超えて、国を超えて。工場からお客様まで、もっと知りたい。スバル自動車部門 生産管理 坂田 遥 製造管理部 生産管理課 (2012年入社)

生産工学のパズルのような面白さに魅了された。

どうしたらモノが効率よくつくられるのか。生産工学に興味をもったのは大学時代の時。機械をいじったり、パソコンでプログラムをつくったり、いろんなことをやってみたが、やっぱりこれだ。学問としてだけではなく、生活の中で考えることだって面白い。まるでパズルみたいだ。僕はのめり込んだ。富士重工業に興味を持ったのは、自分がインプレッサに乗っていたから。最初に惹かれたのはデザインだったのだが、乗るたびに車としての良さを実感した。調べてみると、会社そのものも面白そうじゃないか。そう思って説明会に出かけた。他の自動車メーカーも受けてみたが、先輩方の熱意が一番伝わってきたのが富士重工業だった。入社後の配属は、生産管理課。僕のミッションは車がきちんと工場でつくれるように管理すること。どう流せばより早くより良いものをつくれるか。組み立ててくださっている人たちの負担を減らせるか。もちろん前提には営業からの要望もある。世界でこれだけの需要がある。具現化するための具体的な計画をつめていく。管理する要素は大きく分けて4つある。つくる車の数と種類、人員、部品、生産工程。このなかで、僕が管理しているのは部品だ。部品の管理には、「この車にはこの部品が何個つきます」という樹形図のようなものが必要だ。まずは、その樹形図を作成する。特に、新型車の場合は一から作成することになる。部品メーカーや関連部署など、様々な関係者と連携しながらつくりあげていく。そして、つくりあげた樹形図を使い必要な部品を注文して車を組み上げていく。責任は重大だ。部品と一言で言っても、一つの車で数万の部品が必要だと言われるくらいなので、膨大な数の部品を管理することになる。僕が担当しているエアバックでも、ステアリングに取り付けるタイプもあれば、シートに取り付けるタイプもあるなど、その種類もさまざまだ。僕一人でも数百点の部品を管理している。もちろん、まだ担当したことのない部品も山のように存在する。まだまだ知らないことはたくさんあり奥が深い。

日本で余ってしまった部品、マレーシアで使えないだろうか?

計画通りにすべてが完璧に進むのか、というとそうではないからこそ、この仕事は難しくて面白い。新しい車をつくりだす時というのは、トラブルが多い。たとえば、この部品はこの車に取り付ける。その指示が少しでも間違っていれば、間違った車につけられて、お客様に届いてしまうというリスクがある。最悪のケースだ。僕たちは万が一のことも考えながら、事前にトラブルの元を潰しこんでいく。しかし、イレギュラーなトラブルは突然降りかかってくる。その時に、どんな判断・行動ができるかが重要。つい最近、ある部品を緊急で別の部品に切り替えることに。元の部品が余ってしまった。国内の工場は既に新しい部品を使い始めていて、余った部品は使えないという。損失になってしまう。どうにかしよう。うちはマレーシアでCKD生産を行っている。そこで、現地で使えないかどうか打診してみた。結果はOK!輸送費だって無駄にはできない。自分で出荷場まで運び、他の荷物と合わせて出荷していただいた。

複雑な製造プロセスを踏んだ、BRZの特別仕様車。

作り方そのものが特殊な工程を踏む、というケースもある。入社2年目の頃、BRZの特別仕様車を担当した時のこと。通常はひとつの車をひとつの工場で組み上げて出荷するのだが、この特別仕様車の場合は、ひとつの車をふたつの工場にまたがって組み上げるという特殊な工程を踏むことに。台数限定の完全な受注生産で、お客様への出荷遅れは許されない。しかし、この車ははじめて任された特別仕様車。わからないことだらけだった。だからといって恥ずかしいとか申し訳ないとか思っている暇もない。とにかく聞く。すこしでも分からなければ「ここってどうなってるんですか?」しつこく聞く。設計、購買、製造現場、様々な関係部署と何度も打ち合わせを重ねて、トラブルの元を潰していった。おかげでなんとか無事にすべての車をつくりきり、お客様へお届けすることができた。これはうまくいった例だが、僕らの仕事は、常にイレギュラーなトラブルと隣り合わせにある。たとえば、部品が正しく入ってこない。ひとつ部品が入ってこないだけで、車は仕上がらない。その部品が、後から簡単にはめ込める重要度の低いものかもしれないが、心臓部の重要な部品であるかもしれない。いずれにせよ、部品が欠けるということは、生産がストップすることを意味する。責任重大な仕事だ。僕らが防波堤となり、事前に気づくこと。リスクを軽減させること。とにかく様々な可能性を考えて準備をしておくことが必要だ。最近、もっと視野を広げたいという気持ちが、以前よりも強くなってきた。視野を広げるということは、いろんな目線で物事を考えるようになるということ。解決策の引き出しも増えるだろうし、何よりも、いろんなことを知ることは純粋に楽しい。今、見ているのは、車をつくりはじめるところから完成するまで。実は、その前後の工程にも興味が出てきた。営業はどういう理由で、この車をつくりたいのか。工場から出荷された車は、どういう風にお客様に届くのか。もっと知りたい。もっと広い視野を持ちたい。僕の好奇心はまだまだ広がっていきそうです。

一日のスケジュールはランダム。デスクで業務、会議に出席、もしくは現場に出向いて対応する。製造現場でトラブルが起きた場合は、関係者と綿密に連絡を取りつつ、調整に尽力することを最優先とする。新車種の製造が始まる前は会議が集中する。

PROFILE 坂田 遥 SAKATA YO

スバル自動車部門  製造管理部 生産管理課

2012年入社。工学部システム工学課程出身。現在所属している部署は、仲間を思いやる人が集まり、困った時に協力しあえる「チームワーク」が自慢!もっと知りたいという欲求があふれる好奇心旺盛な若手成長株。

Close