開発の最終走者としてのミッションを追いかけて。スバル自動車部門 研究実験 貝塚 孝夫 パワーユニット評価実験部 (2009年入社)

「手応え」を感じられる仕事がいいと思った。

発電システムの研究をしていたので、代替エネルギーを開発する仕事がしたいと思っていました。専攻は機械。制御系の研究室だったのですが、温泉で発電するシステムを考えたり、とワクワクするような内容なんです。就職活動をはじめた当時はエコテクノロジー系の会社を中心にエントリー。しかし、途中で疑問に思い始めました。宇宙で太陽発電をするなど夢のあるユニークな仕事、実際に手がけた物ができるのはいつなんだろうか。世の中に受け入れられる頃には、定年後なんじゃないだろうか。迷ってしまった。そんな時期に参加したのが富士重工業の説明会。開発されたものが、短いスパンで目に見える形で世の中に出ていく。石油にかわるエネルギーを開発する仕事も社会貢献だけど、環境悪化を食い止めるために、車の燃費を1%でも良くしたり、排ガスを少しでも減らしたりする仕事も、社会貢献だなと。やりたい内容も大事だけど、仕事として打ち込むなら、モチベーションが維持できるほうがいい。そうした理由から、富士重工業への入社を決めました。配属先はパワーユニット評価実験部。エンジンを制御するECU(エンジンコントロールユニット)の入力データを決める仕事。排気ガスを綺麗にしたり燃費を良くしたりするためにECUにはどんな数値を入力すべきか実験で決める仕事です。一課は開発、二課は公的な機関の認証を受けるための様々な業務を担当。私は一課で開発を担当しています。機密性が高い仕事なので、関わる人は基本的には社内のみ。ソフトウェア開発をしながら、ECUを実際の車両に取り付けて、最適な状態でエンジンが動くよう、実験室やテストコースで試験をする毎日です。関わる人との連携プレーが大事な仕事。実験した結果から、この部品が良くないということであれば、設計部署に変更を提案する。ハードに関することはエンジン設計に、ソフトに関しては中身を構築している電子技術部に。私たちの部署が、開発の一番後ろ。このゲートをくぐると、車は認証課に進むことになります。開発の最終走者として、ありとあらゆる不具合も確認しなければならない。-30度の雪山でもエンジンがかかるかどうか。40~50度の砂漠のような場所でもきちんと走るかということを、評価しています。ミスは許されない、責任ある仕事です。

はじめてづくし。スバル初のハイブリッド車の評価実験。

XVのハイブリッドを担当しました。スバルが初めてハイブリッドを出すという新しい挑戦。実際に、開発の裏側も大変でした。これまではエンジンを動かすECUだけを見ていればよかったのですが、ハイブリッドのコントロールシステムが必要になる。ハイブリッド実験部という部署とのやりとりも発生する。評価項目も増える。たとえば、ハイブリッドシステムが故障した時は、エンジンだけで走る普通の車に戻るという仕組みになっているので、万が一壊れた場合も、正常にハイブリッドが動作している場合もどちらもチェックしなければいけない。あらゆる可能性や不具合を想定して、対処できうるECUを目指しました。難しかったのが、問題が発生した時。その原因が、ハイブリッドによる問題なのか、エンジンの問題なのかということを、判断しながら進めていかなければいけない。また、燃費や排ガス規制のハードルもありました。ハイブリッドはエンジンがかかったり止まったりするわけですが、エンジンをかける、止めるというタイミングはハイブリッド側の制御で決められているので、エンジン側としては手出しができない。しかし、エンジンをかけたり止めたりしすぎるのは、燃費、排ガスの性能上も良くないということもある。そもそも車の心臓部であるエンジン。確実にかかるということは絶対条件。勢いよくかかるようにしたい。しかし、エンジンがかかった時に、ガタっという振動があると良くない。振動に関しては過去にないくらいの高い要求をもらいました。振動に関わる部署やハイブリッド制御の部署と、話し合いをくりかえして、両立できるポイントを模索。こういうバランスにしたいのですがどうですかと提案しながら、こだわりを持って進めていきました。

XVハイブリッドに遭遇すると、つい目で追ってしまいます。

XVハイブリッドを見かけるとやっぱり嬉しいです。信号待ちで、隣に止まったりすると、気になって凝視しています。エンジンがかかった時の振動には特にこだわったので、窓をあけて音を聞いてみたこともありますが、思っていたより良くできているなと自画自賛したくなりました。今後やってみたいこととしては、やはりハイブリッド関係の車種です。電気自動車も、チャレンジしてみたいですね。ガソリンエンジン車で培ったノウハウを電気自動車に活かしたいと思っています。実は入社前と現在とでの、仕事ギャップはほとんどないんです。若手は機材の扱いを覚えることから始めて、実際に車に積んで、試験してデータをとってきて、分析までやります。基本的には何から何まで自分でやる。手作り感のある仕事です。実験器具や部品の準備、実験室の予約などスケジュール管理もすべて自分。そこに、うちの会社の特徴があると思います。試験をする部署と、解析する部署が分かれている会社もあるかもしれませんが、うちは全部自分達でやります。できることの範囲がとても広い。おかげでとても忙しいのですが、パンパンに忙しい時でも、うちの部署の人はみんな明るいんです。職場の雰囲気もすごくいい。自分自身も影響を受けているように思います。仕事は緊張感を持って楽しく進める、というポリシーでいます。

7時半出社、8時始業、その後職場ミーティングを行う。午前中は主に試験解析。午後も引き続き、データ解析。15時くらいからは、ソフトに関する打ち合わせ。ソフトの詳細に関して、設計部署に相談等。現在、1日の半分の時間はソフトウェアの開発に費やしている。

PROFILE 貝塚 孝夫 KAIZUKA TAKAO

スバル自動車部門 パワーユニット評価実験部

2009年入社。基幹理工学研究科 機械科学専攻。仕事のポリシーは楽しくやること。趣味はベース。週末に学生時代の仲間と都内でライブ活動をおこなうことも。平日の夜もバンド練習に時間をあてるなど、プライベートも含めて充実した毎日を送る。

Close