WORK STYLE | ワークライフバランス

ワークライフバランス推進の考え方 富士重工業は「やる気に満ちた自立型人材」の集団を目指し、多様な従業員一人ひとりが個々の能力を存分に発揮できる環境整備が重要と考えています。誰もが多様性を尊重し、仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を実現するため、働き方の多様化を進めるとともに、制度の拡充に取り組んでいきます。

仕事と家庭の両立支援

全社員が出産や育児・介護をしながらいきいきと仕事を続けていけるよう、富士重工業では、さまざまな制度を導入しています。子どもの看護休暇や育児のための休業・短時間勤務など、様々な制度が充実しており、利用者数は増加傾向にあります。
たとえば、育児休業制度は、従業員の子が2歳の誕生日を迎えた最初の4月まで延長でき、短時間勤務制度は小学校4年生就学の始期まで利用可能です。介護のための休業制度や短時間勤務制度なども整え、従業員の仕事と家庭の両立を支援しています。
また、過去には、次世代育成支援対策推進法(次世代法)により、企業の自主行動計画を策定し、第一次行動計画期間(2005年4月~2007年3月)、第二次行動計画期間(2007年4月~2010年3月)において、計画を達成した結果、二度の厚生労働大臣認定(くるみんマーク)を取得しました。
第三次行動計画期間(2010年4月~2015年3月)の行動実績は、2015年6月に認定を取得しました。また、第四次行動計画(2015年4月~2017年3月)も策定し、6月に公開しました。第四次行動計画では、創設された「プラチナくるみんマーク」の認定を目指して取り組みを進めます。

ダイバーシティ推進について

当社は2015年1月にダイバーシティ推進室を立ち上げました。ダイバーシティの取り組みにおいて、重点的に取り組むのが女性の活躍推進です。今後も、「キャリア形成支援」や「家庭と仕事の両立支援」を通じて、女性が更に活躍しやすい会社を目指していきます。

Close